2012年1月17日火曜日

Watasyncのデモサイトを公開してみる



2011年の11月ぐらいから作ってるライフログソフトの「Watasync(ワタシンク)」が、
デモサイトを触ってもらって、ソフトウェアの目指しているユーザ体験のイメージを共有できるぐらいには出来てきたので公開してみます。
ですが、まだ生まれてすらいない胎児のような状態のソフトウェアですのでそんな認識で見てもらえると助かります。

とりあえず自宅のローカルサーバ(AMD Athlon II X2 245e TDP45W 2.9GHz,メモリ8GB)に、
自分用Watasyncを設置して約130GB(約50,000ファイル)ぐらいの写真・動画をUPして使っていますが、それなりに動いていますよと。

■Watasyncの狙い
みなさん、日々増えていく写真・動画・PDFなどをどう管理していますか?
Picasa,Flickr,DropBox,Evernoteなどに保存して管理している感じでしょうか?
でも、容量が増えてくるとお金がかかったり、そもそもサービスの限界容量があったりして困りませんか?
また上記のサービスはオープンソースではないので、いつサービスの仕様が変わったり、終了したりするかわからなくて不安ですよね。

ということでそれらのサービスで困ったり、不安な人の為にフリーな代替え品を用意したいなと。(とりあえず僕は困ってるし、すごく不安です)
ソースは https://github.com/rysk92/watasync です。(まだソース汚いですしテストも書いてません。β版をリリースするぐらいには綺麗にします)

■注意
* 脆弱性とかあるので、個人情報的なものは入れないでください。
* 新規登録を無効にしてるのでトップ画面の新規登録フォームに値をいれても登録できません。
* Firefox8でしか試してないので、他のブラウザだと多分正常に見られません(鋭意改善中です)
* ページ下部に「モバイル」というリンクからスマホ画面を使える予定ですが、まだ使えません。

■試し方
1)ログイン
http://demo.watasync.com/
にアクセスし右上のログインフォームに、
demo@demo.watasync.com
demo
と入力しログインボタンを押す。

2)タグの操作
右の人気のタグとか押してみて、
「あー、こんな感じなんだ」
と把握する。
「編集」とか写真をクリックとかでタグを入れたりしてみるのもよし

3)投稿
中央のフォームからテキストやファイルを投稿できます。
ファイルはドラッグ&ドロップでも投稿できます。
Exif情報の入っているJpegなら、写真の撮影時間でタイムラインに記録されます。

2 件のコメント:

  1. watasync用のtwitterアカウント作ってみてはどうだろう?

    返信削除
    返信
    1. 良いアイデアですね。早速はじめてみました!
      https://twitter.com/#!/watasync

      削除