2011年7月10日日曜日

watasyncとはなにか

はい!ギュンばんわ!
2011年5月ぐらいから「watasync」っていうWebアプリをつくっています。
最終的に何を作りたいかっていうと、攻殻機動隊の「外部電脳」とか、電脳コイルの「メガネ」とか、「究極のライフログツール」とかそんな感じです。手法としてはフリーソフトウェアの哲学が好きなので、FLOSSで行きたいですね。

で直近のこの界隈のソフトウェアを考えると、ほとんどが「プロプライエタリ」なわけですよね。

例えば、
* 写真管理の「Picasa」や「Flickr」
* ノート管理の「Evernote」
* ファイル管理の「Dropbox」
* 動画管理の「Youtube」
* ソーシャル情報管理の「facebook」
* マイクロブログの「Twitter」
* デスクトップサーチの「Google Desktop Search」
* ToDo管理の「Remember The Milk」
* 楽曲管理の「iTunes」
* 電子書籍管理の「iBooks」
* カレンダー管理の「Google Calendar」
* reblogの「Tumblr」
とか。

あとこれらのサービスはそれぞれ別々な感じになっちゃってるので、1つのタイムラインにするのがめんどい。

とまぁこんな感じの「プロプライエタリじゃなくてフリーソフトウェアで」「分散したソフトウェアではなく1つのソフトウェアで」っていう課題を解決するソフトウェアがないので、つくってみようぜってのがwatasyncプロジェクトなのです。

ソースは、
https://github.com/rysk92/watasync
ね。

自分の大切な記憶をプロプライエタリでブラックボックスなソフトウェアに任せる事ができるのか?(いやできない)

0 件のコメント:

コメントを投稿