2011年7月11日月曜日

watasyncを動かすサーバ

はい!ギュンばんわ!

EC2とかさくらVPSとかでもいいけど、やっぱりプリミティブなコンピュータパーツから揃えた方が、中間マージンというか不要な付加価値とか省けるし、きっと最終的なコストパフォーマンスいいよね!っていう考えで↓を買ってみた。(自炊したほうが食費安いよね的な)

まだ届いてないけど、届いたら組み立ててwatasyncのサーバにしてみるよ。

■CPU
AMD Athlon II X2 245e TDP45W 2.9GHz AD245EHDGMBOX: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003L2KCDE/ref=oss_product

■マザーボード
ASRock M/B SocketAM3 AMD 880G ASRock 880G/SB710 M-ATX 880GM-LE: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0046XS7UM/ref=oss_product

■メモリ
シー・エフ・デー販売 Elixir デスクトップ用メモリ DDR3 W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB x 2枚セット: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00405SB7U/ref=oss_product

■HDD
Western Digital Caviar Green 3.5inch 5400rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps WD20EARX: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005030N36/ref=oss_product

■ケース・電源
POWEREX/パワーレックス 350W電源搭載 microATXスリムケース AC350-M07B-P: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0052WDD0U/ref=oss_product

==
2011/7/17
届いて組み立てましたよと。
Fedora15(x86_64版)もすんなり入りましたよと。
Unixbenchの結果は以下ですよと。
ワットチェッカーで消費電力はかったら約80Wぐらいでしたよと。

BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

System: hogehoge: GNU/Linux
OS: GNU/Linux -- 2.6.38.6-26.rc1.fc15.x86_64 -- #1 SMP Mon May 9 20:45:15 UTC 2011
Machine: x86_64 (x86_64)
Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
CPU 0: AMD Athlon(tm) II X2 245e Processor (5787.5 bogomips)
Hyper-Threading, x86-64, MMX, AMD MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, AMD virtualization, SYSCALL/SYSRET
CPU 1: AMD Athlon(tm) II X2 245e Processor (5787.4 bogomips)
Hyper-Threading, x86-64, MMX, AMD MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, AMD virtualization, SYSCALL/SYSRET
04:56:30 up 1:06, 2 users, load average: 0.18, 0.22, 0.34; runlevel 3

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 月 7月 18 2011 04:56:30 - 05:24:54
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables 26568761.6 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 3389.3 MWIPS (9.7 s, 7 samples)
Execl Throughput 2092.4 lps (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 470006.1 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 152340.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1121834.7 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 1041288.1 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 112906.1 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 4012.0 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 4172.4 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 952.5 lpm (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead 1900225.8 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 26568761.6 2276.7
Double-Precision Whetstone 55.0 3389.3 616.2
Execl Throughput 43.0 2092.4 486.6
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 470006.1 1186.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 152340.5 920.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 1121834.7 1934.2
Pipe Throughput 12440.0 1041288.1 837.0
Pipe-based Context Switching 4000.0 112906.1 282.3
Process Creation 126.0 4012.0 318.4
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 4172.4 984.1
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 952.5 1587.5
System Call Overhead 15000.0 1900225.8 1266.8
========
System Benchmarks Index Score 879.7

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 月 7月 18 2011 05:24:54 - 05:53:22
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables 52835304.7 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 6663.3 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput 7128.7 lps (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 575760.8 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 165085.1 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1510652.2 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 2051416.2 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 408255.6 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 22251.2 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 6975.8 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 990.1 lpm (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead 2665544.2 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 52835304.7 4527.4
Double-Precision Whetstone 55.0 6663.3 1211.5
Execl Throughput 43.0 7128.7 1657.8
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 575760.8 1453.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 165085.1 997.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 1510652.2 2604.6
Pipe Throughput 12440.0 2051416.2 1649.0
Pipe-based Context Switching 4000.0 408255.6 1020.6
Process Creation 126.0 22251.2 1766.0
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 6975.8 1645.2
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 990.1 1650.2
System Call Overhead 15000.0 2665544.2 1777.0
========
System Benchmarks Index Score 1676.4

フリーソフトウェアの利点

はい!ギュンばんわ!

フリーソフトウェアの利点はなんだろう?
プロプライエタリソフトウェアの欠点を考えると分かりやすい。

例えば、

* 1) 使いにくい仕様を変更される
* 2) サービス終了される
* 3) 値上げをされる
* 4) データを運営に監視される
* 5) かゆいところに手が届かない(SSL通信にしたいとか、近いネットワークに置きたいとか、ストレージ容量増やしたいとか、処理速度上げたいとか、クローズドなネットワークに置きたいとか、ちょっとこういう仕様に変更したいとか)
* 6) 外部要因でサービス停止しても、復旧まで待ってるしかない

とかね。

インターネットって「分散」のメリットを活かして発展してきたと思ってるんだけど、今のプロプライエタリなサービスは「中央集権」な事により色々欠点があるし、発展が遅くなってる気がしてる。

2011年7月10日日曜日

watasyncとはなにか

はい!ギュンばんわ!
2011年5月ぐらいから「watasync」っていうWebアプリをつくっています。
最終的に何を作りたいかっていうと、攻殻機動隊の「外部電脳」とか、電脳コイルの「メガネ」とか、「究極のライフログツール」とかそんな感じです。手法としてはフリーソフトウェアの哲学が好きなので、FLOSSで行きたいですね。

で直近のこの界隈のソフトウェアを考えると、ほとんどが「プロプライエタリ」なわけですよね。

例えば、
* 写真管理の「Picasa」や「Flickr」
* ノート管理の「Evernote」
* ファイル管理の「Dropbox」
* 動画管理の「Youtube」
* ソーシャル情報管理の「facebook」
* マイクロブログの「Twitter」
* デスクトップサーチの「Google Desktop Search」
* ToDo管理の「Remember The Milk」
* 楽曲管理の「iTunes」
* 電子書籍管理の「iBooks」
* カレンダー管理の「Google Calendar」
* reblogの「Tumblr」
とか。

あとこれらのサービスはそれぞれ別々な感じになっちゃってるので、1つのタイムラインにするのがめんどい。

とまぁこんな感じの「プロプライエタリじゃなくてフリーソフトウェアで」「分散したソフトウェアではなく1つのソフトウェアで」っていう課題を解決するソフトウェアがないので、つくってみようぜってのがwatasyncプロジェクトなのです。

ソースは、
https://github.com/rysk92/watasync
ね。

自分の大切な記憶をプロプライエタリでブラックボックスなソフトウェアに任せる事ができるのか?(いやできない)