2011年12月28日水曜日

ドラッグによるメモの矩形選択

多量のメモの操作を効率化するために、ドラッグで矩形選択できるようにしてみた。


そろそろデモサイトを公開したい。

2011年12月24日土曜日

タイル表示ができつつある

いままで縦一本のタイムライン表示だけだったんだけど、タイル表示ができつつある。

■タイル表示モード

■タイムライン表示モード

2011年11月29日火曜日

Hague Mini Motion-Cam Stabilizer と ZOOM Q3HDの組み合わせ

ライフログで歩きながら動画を撮る場合、身体からの振動がカメラに伝わり、動画が結構ブレることがある。
それを解消するのにスタビライザーっていうのを使うと良いらしいということで、
ネットで評判のHague Mini Motion-Cam Stabilizer(MMC)っていうのを買ってみましたよと。

■結果
MMCすげー

■検証方法
* ZOOM Q3HD
* MMC - Hague Mini Motion-Cam Stabilizer( http://www.cameragrip.co.uk/acatalog/hague_mmc_mini_motion_cam_steadicam_type_stabilizer.html )
* WCA - Hague Mini Motion-Cam Weight Correction Adaptor

* 追加の重り(東急ハンズで購入)

重りは、
A) MMC添付の直径5cmの丸ワッシャー
B) MMC添付の直径3cmの丸ワッシャー
C) ハンズ購入の直径5cmの丸ワッシャー
D) ハンズ購入の直径2.5cmの丸ワッシャー
と呼ぶことにする。

で、WCAにAx6とCx2を装着、MMCにAx2とBx2とDx4を装着。今のところこれがベスト設定かなと。

■検証結果
1) 手持ち&歩き


2) MMC&歩き


3) 手持ち&走り


4) MMC&走り


5) 手持ち&チャリ


6) MMC&チャリ


7) おまけ MMC&チャリで外苑あたり


8) おまけ MMC&歩きで屋台


■おまけ
* Manfrotto Modosteadyというのが競合製品だけど、ネットで動画を見るかぎりブレが結構強くて駄目っぽかった。
* 日本国産のTEEDA STB-094 スタビライザー(14,000円ぐらい)っていうのも競合であったんだけど、ネットに情報が少なすぎて手が出せなかった。
* Hague社はイギリスの会社らしい。
* 質問への回答、スムーズな配送と非常に好感がもてた(購入から約3日で届いた)
--- 2011年11月23日2:10 質問(Q1,150gのカメラでもOK? Q2,日本だといつ届く?)
--- 2011年11月23日20:19 回答(A1,WCAつければOK, A2,2日〜10日ぐらい)
--- 2011年11月23日20:42 購入
--- 2011年11月24日1:06 配送
--- 2011年11月26日14:24:00 到着
* 値段は、MMC54GBP + WCA12GBPでShippingに29.17GBPで、95.17GBP(日本円換算11,690円)だった。SPECIAL CHRISTMAS OFFER PRICE - SAVE £9.60. だったらしい。

eneloop vs enelong

ライフログをする為には持続時間の長い動画デバイスが便利である。

僕はZOOM Q3HDと単三eneloop2本の組み合わせでやってたんだけど、
enelong( http://item.rakuten.co.jp/ecojiji/enelong_3_1/ )というのがあることを知ったので、持続時間を検証してみた。

■結果
eneloop: 2h21m
enelong: 2h29m

■検証方法
ZOOM Q3HD(HD1080/30, AAC192kbps, LO CUT Off, SCENE Auto, AUTO LEVEL One Way Down, Battery Ni-MH), MIC GAIN HIGH)
にて、放電後満充電の状態で静止物を撮影し続ける。


■考察
検証日:2011/11/28
eneloop:229円/1本, 1900mAh, 2011/9/25から使用開始(消費->充電は10回ぐらいかなー)
enelong:198円/1本, 2100mAh, 2011/11/28から使用開始(新品)

使用開始日が若干違うものの、enelongはeneloopと同等以上の持続時間を発揮した。

調べたらenelongは、Shenzhen Better Power Technology Co.,Ltd.( http://www.better-battery.com/ )っていう中国の会社が作ってるらしい。
とりあえず今回の検証結果から判断するに、次買うのもenelongだなぁー。

2011年11月9日水曜日

ワタシンク(英名:watasync)とは?を更新してみた。

ワタシンク(英名:watasync)とは?
================================

ワタシンク開発チームは、
個人が自分の為に蓄積や活用をする情報や、
友人との関係の中で蓄積や活用をする情報が、
プロプライエタリなソフトウェアに支配されている状況を非常に憂いています。

ある日、
そのプロプライエタリなソフトウェアが開発を停止したら?
サービスの運用を停止しデータをユーザに渡さないとしたら?
プロプライエタリなソフトウェアが支配している限り、この不安は常に付き纏います。

記憶に留めたかった情景、友人との思い出。

このような情報が他者に支配され、死活の主導権を握られていていいのでしょうか?

ワタシンク開発チームは上記の課題を解決するために、
FLOSSの概念に基づきソフトウェアを開発し提供していきます。
また、特定のサービスに依存しないデータ管理のガイドラインも定めて、
ソフトウェアと同じく、自由なデータにして行きます。

また近い将来にWEBアプリは、
1企業のプロプライエタリなソフトウェアにロックインされて提供されるものではなく、
ユーザの自治によって提供されるようなると思っていますので、そのような運用環境に適用できるようにして行きます。

具体的には下記の製品のフリーな代替え品として機能できるように開発を続けていきます!

- 1) 写真管理ソフト
  Picasa / Flickr

- 2) ノート管理ソフト
  Evernote

- 3) ファイル管理ソフト
  Dropbox

- 4) 動画管理ソフト
  Youtube

- 5) ソーシャルグラフ管理ソフト
  Facebook / Twitter

- 6) ブロク・ミニブログ管理ソフト
  Blogger / Twitter

- 7) デスクトップ検索ソフト
  Spotlight

- 8) TODO管理ソフト
  Remember The Milk

- 9) 音楽管理ソフト
  iTunes

- 10) 書籍管理ソフト
  iBooks

- 11) カレンダー管理ソフト
  Google Calendar / iCal

- 12) リブログ管理ソフト
  Tumblr

2011年9月18日日曜日

watasyncを動かすサーバ 02

■CPU / マザーボード ¥7,650
Intel M/B Essential mini-ITX DDR3-800 GMA3150 VGA GbE LAN PCI x1 BOXD525MW
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0041RSC94

■メモリ ¥2,659
シー・エフ・デー販売 Elixir ノートPC用メモリ DDR3-SODIMM W3N1333Q-2G DDR3 PC10660 CL9 2GB 2枚セット
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00405SBBQ/

■HDD
ありもののSATA 160GB
追って2TBを買う予定

■ケース・電源 ¥6,370
AOpen(AII) スリム型PCケース(MINI-ITX) S145A-160BK
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002QYLXIG

■unixbench結果
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)
   System: iedev04: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 2.6.40.4-5.fc15.x86_64 -- #1 SMP Tue Aug 30 14:38:32 UTC 2011
   Machine: x86_64 (x86_64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
   CPU 0: Intel(R) Atom(TM) CPU D525 @ 1.80GHz (3600.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   CPU 1: Intel(R) Atom(TM) CPU D525 @ 1.80GHz (3600.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   CPU 2: Intel(R) Atom(TM) CPU D525 @ 1.80GHz (3600.1 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   CPU 3: Intel(R) Atom(TM) CPU D525 @ 1.80GHz (3600.0 bogomips)
          Hyper-Threading, x86-64, MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, SYSCALL/SYSRET
   01:59:09 up 4 min,  1 user,  load average: 0.22, 0.13, 0.06; runlevel 3

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 月  9月 19 2011 01:59:09 - 02:27:13
4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables        6675921.1 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                      965.5 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput                                851.0 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        107822.7 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           29104.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        314425.0 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              244389.6 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                  21013.7 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               2145.0 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   1243.0 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    318.9 lpm   (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead                         494395.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0    6675921.1    572.1
Double-Precision Whetstone                       55.0        965.5    175.5
Execl Throughput                                 43.0        851.0    197.9
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     107822.7    272.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      29104.0    175.9
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     314425.0    542.1
Pipe Throughput                               12440.0     244389.6    196.5
Pipe-based Context Switching                   4000.0      21013.7     52.5
Process Creation                                126.0       2145.0    170.2
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       1243.0    293.2
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        318.9    531.6
System Call Overhead                          15000.0     494395.2    329.6
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         244.9

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 月  9月 19 2011 02:27:13 - 02:55:23
4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       18484478.6 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     3400.1 MWIPS (9.8 s, 7 samples)
Execl Throughput                               2300.4 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        140685.2 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           37079.7 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        441705.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              526962.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 103834.2 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               5600.2 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   2451.9 lpm   (60.1 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    348.7 lpm   (60.2 s, 2 samples)
System Call Overhead                         865827.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   18484478.6   1583.9
Double-Precision Whetstone                       55.0       3400.1    618.2
Execl Throughput                                 43.0       2300.4    535.0
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     140685.2    355.3
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      37079.7    224.0
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     441705.8    761.6
Pipe Throughput                               12440.0     526962.0    423.6
Pipe-based Context Switching                   4000.0     103834.2    259.6
Process Creation                                126.0       5600.2    444.5
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       2451.9    578.3
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        348.7    581.1
System Call Overhead                          15000.0     865827.2    577.2
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         508.8

2011年9月2日金曜日

人間が社会と関わらず良い生活が送れるか否か

2015年〜2030年あたりの未来に、watasyncの開発が超進んで攻殻機動隊の電脳っぽいものがマジで出来上がったとする。その状況で人間の個体は、他の人間の個体との関係無しに良い生活が送れるか?というのを考えるエントリー。

僕の結論は「たぶん送れないんじゃない?」だ。

■まず生活を送るために必要なものを把握してみる
とりあえず僕個人で考えると、
1) 水
2) 食料
3) 衣服
4) 住居
5) ガス・電気
6) ネット
7) コンピュータ
8) 安全
あたりは欲しい。

■2015年〜2030年ぐらいの未来の技術水準を考えてみる
A) ロボット的なものも相当レベルが上がっているので物理的な活動を半端なくこなせるとする。
B) 電脳(watasync)により情報処理能力は半端なく上がっているので「A)」のロボット的なものへの指示は半端なくだせる。
C) 自分以外のコンピュータは 既存のシステムを維持することはできるが、システムを発想して創りだすことはできない。
ぐらいな感じかな。

■シミュレーション
たとえば「1)」の水については現在水道局がやっているようなことを全て自動化してこなせるレベル。水源の確保、水質の維持・調整、水道システムの維持あたりを。
水源の冗長化とかも自動化してほしいね。一個の水源が何かしらの原因でダメになったら、予備の水源から取ってくるとか。

そのレベルで考えると「2〜7」もなんとか自動化できる気はする。
だが「8」の安全が厳しい気がする。
さっきの水みたいに安全もロボットで軍隊組んで守ればいいって話なんだけど、
他の人間の個人から攻め込まれる可能性があるわけだから、この辺は自動化できそうもない。

もちろん僕個人は「1〜8」の研究開発を行ってそれなりに改善をしているんだけど、
たとえば「1〜8」を8人で分業してチームを組んでる国とかに勝てない気がする。

1〜8をそれぞれの人間が分業して発想してシステムを進化させてるとすると、兵器の開発や軍のオペレーションも進化するわけで、それに攻めこまれて「1〜8」を全て奪われると。1〜7の研究開発で何か技術革新があって兵器に適用されるってことも十分ありそう。

■結論
人間の個人はチームを組んで発想や成果物の協業を行ったほうが多分強いので、
安全保障の面から考えると、完全な個人で頑張ってると安全を奪われて全て奪われるという状況が起きそう。その状況が不幸せと考える人にとっては「良い生活」は送れないといえる。
(攻殻機動隊でもロシアあたりのハッカーが他の人間との関係を断って生活してて、電脳を焼ききられて安全を奪われるってのがあったよね。まぁアレは水道とか食料は社会の中で得てたわけだろうから、完全な個人じゃないけどね)
(日本が鎖国して「うっひょ他国とコミュニケーションしないの超楽しいwww」とかやってても、他国の技術革新に負けて色々安全が奪われてしまったわけだしね。)

■次回
ということで社会と関わらなければならなくなったので、watasync(外部電脳)がどうやって社会と絡んでいくかっていうのを次のエントリーあたりで考察してみることにする。

2011年7月11日月曜日

watasyncを動かすサーバ

はい!ギュンばんわ!

EC2とかさくらVPSとかでもいいけど、やっぱりプリミティブなコンピュータパーツから揃えた方が、中間マージンというか不要な付加価値とか省けるし、きっと最終的なコストパフォーマンスいいよね!っていう考えで↓を買ってみた。(自炊したほうが食費安いよね的な)

まだ届いてないけど、届いたら組み立ててwatasyncのサーバにしてみるよ。

■CPU
AMD Athlon II X2 245e TDP45W 2.9GHz AD245EHDGMBOX: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003L2KCDE/ref=oss_product

■マザーボード
ASRock M/B SocketAM3 AMD 880G ASRock 880G/SB710 M-ATX 880GM-LE: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0046XS7UM/ref=oss_product

■メモリ
シー・エフ・デー販売 Elixir デスクトップ用メモリ DDR3 W3U1333Q-4G DDR3 PC3-10600 CL9 4GB x 2枚セット: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00405SB7U/ref=oss_product

■HDD
Western Digital Caviar Green 3.5inch 5400rpm 2.0TB 64MB SATA 6.0Gbps WD20EARX: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B005030N36/ref=oss_product

■ケース・電源
POWEREX/パワーレックス 350W電源搭載 microATXスリムケース AC350-M07B-P: パソコン・周辺機器
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0052WDD0U/ref=oss_product

==
2011/7/17
届いて組み立てましたよと。
Fedora15(x86_64版)もすんなり入りましたよと。
Unixbenchの結果は以下ですよと。
ワットチェッカーで消費電力はかったら約80Wぐらいでしたよと。

BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.2)

System: hogehoge: GNU/Linux
OS: GNU/Linux -- 2.6.38.6-26.rc1.fc15.x86_64 -- #1 SMP Mon May 9 20:45:15 UTC 2011
Machine: x86_64 (x86_64)
Language: en_US.utf8 (charmap="UTF-8", collate="UTF-8")
CPU 0: AMD Athlon(tm) II X2 245e Processor (5787.5 bogomips)
Hyper-Threading, x86-64, MMX, AMD MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, AMD virtualization, SYSCALL/SYSRET
CPU 1: AMD Athlon(tm) II X2 245e Processor (5787.4 bogomips)
Hyper-Threading, x86-64, MMX, AMD MMX, Physical Address Ext, SYSENTER/SYSEXIT, AMD virtualization, SYSCALL/SYSRET
04:56:30 up 1:06, 2 users, load average: 0.18, 0.22, 0.34; runlevel 3

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 月 7月 18 2011 04:56:30 - 05:24:54
2 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables 26568761.6 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 3389.3 MWIPS (9.7 s, 7 samples)
Execl Throughput 2092.4 lps (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 470006.1 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 152340.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1121834.7 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 1041288.1 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 112906.1 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 4012.0 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 4172.4 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 952.5 lpm (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead 1900225.8 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 26568761.6 2276.7
Double-Precision Whetstone 55.0 3389.3 616.2
Execl Throughput 43.0 2092.4 486.6
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 470006.1 1186.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 152340.5 920.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 1121834.7 1934.2
Pipe Throughput 12440.0 1041288.1 837.0
Pipe-based Context Switching 4000.0 112906.1 282.3
Process Creation 126.0 4012.0 318.4
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 4172.4 984.1
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 952.5 1587.5
System Call Overhead 15000.0 1900225.8 1266.8
========
System Benchmarks Index Score 879.7

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: 月 7月 18 2011 05:24:54 - 05:53:22
2 CPUs in system; running 2 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables 52835304.7 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 6663.3 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput 7128.7 lps (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 575760.8 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 165085.1 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 1510652.2 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 2051416.2 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 408255.6 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 22251.2 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 6975.8 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 990.1 lpm (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead 2665544.2 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 52835304.7 4527.4
Double-Precision Whetstone 55.0 6663.3 1211.5
Execl Throughput 43.0 7128.7 1657.8
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 575760.8 1453.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 165085.1 997.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 1510652.2 2604.6
Pipe Throughput 12440.0 2051416.2 1649.0
Pipe-based Context Switching 4000.0 408255.6 1020.6
Process Creation 126.0 22251.2 1766.0
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 6975.8 1645.2
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 990.1 1650.2
System Call Overhead 15000.0 2665544.2 1777.0
========
System Benchmarks Index Score 1676.4

フリーソフトウェアの利点

はい!ギュンばんわ!

フリーソフトウェアの利点はなんだろう?
プロプライエタリソフトウェアの欠点を考えると分かりやすい。

例えば、

* 1) 使いにくい仕様を変更される
* 2) サービス終了される
* 3) 値上げをされる
* 4) データを運営に監視される
* 5) かゆいところに手が届かない(SSL通信にしたいとか、近いネットワークに置きたいとか、ストレージ容量増やしたいとか、処理速度上げたいとか、クローズドなネットワークに置きたいとか、ちょっとこういう仕様に変更したいとか)
* 6) 外部要因でサービス停止しても、復旧まで待ってるしかない

とかね。

インターネットって「分散」のメリットを活かして発展してきたと思ってるんだけど、今のプロプライエタリなサービスは「中央集権」な事により色々欠点があるし、発展が遅くなってる気がしてる。

2011年7月10日日曜日

watasyncとはなにか

はい!ギュンばんわ!
2011年5月ぐらいから「watasync」っていうWebアプリをつくっています。
最終的に何を作りたいかっていうと、攻殻機動隊の「外部電脳」とか、電脳コイルの「メガネ」とか、「究極のライフログツール」とかそんな感じです。手法としてはフリーソフトウェアの哲学が好きなので、FLOSSで行きたいですね。

で直近のこの界隈のソフトウェアを考えると、ほとんどが「プロプライエタリ」なわけですよね。

例えば、
* 写真管理の「Picasa」や「Flickr」
* ノート管理の「Evernote」
* ファイル管理の「Dropbox」
* 動画管理の「Youtube」
* ソーシャル情報管理の「facebook」
* マイクロブログの「Twitter」
* デスクトップサーチの「Google Desktop Search」
* ToDo管理の「Remember The Milk」
* 楽曲管理の「iTunes」
* 電子書籍管理の「iBooks」
* カレンダー管理の「Google Calendar」
* reblogの「Tumblr」
とか。

あとこれらのサービスはそれぞれ別々な感じになっちゃってるので、1つのタイムラインにするのがめんどい。

とまぁこんな感じの「プロプライエタリじゃなくてフリーソフトウェアで」「分散したソフトウェアではなく1つのソフトウェアで」っていう課題を解決するソフトウェアがないので、つくってみようぜってのがwatasyncプロジェクトなのです。

ソースは、
https://github.com/rysk92/watasync
ね。

自分の大切な記憶をプロプライエタリでブラックボックスなソフトウェアに任せる事ができるのか?(いやできない)